就活に成功しない場合

< 就労までのイメージ >

就職に成功しない場合2.jpg

【再訓練】
@ わくわくワーク大石よりの人材派遣
A わくわくワークの仕事に就く
B 医療法人(大石クリニック)で訓練する


【就活支援】
@ 履歴書作成、面接の訓練 A 就職情報の提供
B マッチングのチェック  C 面接の同伴


【就労後支援】
@ 就労指導員の事前職場訪問
A わくわくワーク大石の職員が同伴しての就労開始
B 職場と就労指導員の定期連絡
C 主治医との定期連絡




< 就労までの考え方 >

 長期間離職したために就労能力が低下したり、社会から孤立して自己評価を誤ったり不況等が原因で、必ず就労出来るとは限りません。
就労出来ませんと収入がなくなり、家計を圧迫する事になり、両親、兄弟、国、の援助を求めるようになります。
 これが長期間にわたって続きますと、自尊心が低下し依存心が強くなるのが人間かもしれません、そして就労能力は徐々に低下を続けるようになります。
このように就労が出来ない状況が長期間続く時には、訓練と一般就労の間である、いわゆる保護就労が有効です、この良く整えられた環境下の就労(訓練)は、この悪循環を断ち再び一般就労をめざす踏み台となります。

第一の方法
 わくわくワークの人材派遣部門に登録して、仲間とともにグループで障害者の受け入れに慣れた会社に派遣してもらいましょう。

第二の方法

 母体の医療法人大石クリニックの介護事業所に紹介してもらい、実際の就業場所で訓練しながら介護の資格を取り、再就職を目指しましょう。

第三の方法
 わくわくワークの事業部で持つ仕事をしましょう。